HOME ー 用途提案[OCR読取を利用した主な用途]

製品特長

用途提案

OCR読取を利用した主な用途

導入事例

端末管理ツール(オプション)

ご検討の皆様からの
よくある質問と答え

 

用途提案[OCR読取を利用した主な用途]

パスポートのOCR-フォント読取による免税システム対応

課題

流通店舗において、訪日外国人の増加に伴う免税販売件数が増加傾向になる中で、
下記のような免税手続きの負担増が課題となっています。

・手書きなどが多く、免税書類作成に時間がかかる。
・会計待ち時間が長くレジに行列ができてしまう。

解決方法

ハンディターミナルIT-G500のパスポート読み取り機能を利用した免税システムとレシートプリンタとの組み合わせで、効率的に購入記録と誓約書などの免税書類を作成できます。

特長

・ハンディターミナルでのパスポートで使用されている
OCR-Bフォント読取が可能
・氏名、国籍、生年月日、旅券番号の記載された
OCR-Bフォントを一括読取
・省スペースでの運用が可能
・ハンディターミナルの手軽さを利用し、様々な場所で利用可能
※別途ライセンス購入。パスポート読み取りのために、専用の有償ソフトが必要。

導入効果

免税販売の手続きをスピードアップし、訪日観光客の待ち時間を短縮。
販売機会のロスを防ぎます。

賞味期限やシリアルナンバーのOCR-フォント読取

商品やハンドラベラーシールに印刷された賞味期限やシリアルナンバーなど対応フォントのOCR読み取りを実現。※別途OCR読み取りの開発とライセンスの購入が必要。

特長

●ハンディ機器向けに特化した設計により、正確かつ高速な読み取りが可能です。
●設定により、様々なフォーマットの読み取りが可能です。
●カスタマイズにより、任意のフォントの読み取りが可能です。

賞味期限 等、既存スキャナでは読み取りのできない文字認識
OCR-A/Bフォント以外の独自フォントの文字認識
各フォーマット、フォントによりカスタマイズが可能
ハンディターミナルで読み取り可能な為ローコストでのシステム構築を実現

▼製造(食品)

▼流通

▼製造(精密)

▼倉庫

▼運輸

▼その他

ページの先頭へ