導入事例/活用事例

活用事例 CASE 1繁忙期の一時的なレジ増設に迅速対応。
効率的な複数台運用で、衣替えシーズンなどの受付業務を支援。

多くのクリーニング店において、課題となるのが衣替えの季節など、繁忙期のカウンター業務。複数のレジ同士で顧客・売上・タグデータを共有できるV-REGIなら、一時的なレジ増設が簡単&スピーディ。ハイシーズンにおける店舗業務の効率化に大きく貢献します。

活用例

◆店舗形態:一般店・取次店 ◆店舗数:1店舗〜複数店舗

業務の“波”にあわせたシステム活用が可能

近隣エリアに競合店がひしめく地域密着型のクリーニング店において、安定経営のカギとなるのがスピードとクオリティ。とくに、衣替えシーズンとなる春秋は、客数、取扱品目が爆発的に増加し、円滑な業務遂行が困難になりがち。年間を通じて顧客満足度を維持・向上するためには、こうした繁忙期こそスムーズな接客対応が求められます。

対策として考えられるのがスタッフの増員。しかし、店舗にレジが1台しかない場合には、なかなか効率的にカウンター業務がこなせません。そんなとき、効果を発揮するのが一時的なレジの増設です。

V-REGIなら、レジに登録された顧客や売上などの情報を、最大4台のレジで共有できるレプリケーション機能を搭載。1台のレジに打ち込んだ内容が、ほぼリアルタイムに他のレジにも複製されるため、従来数時間かかるレジ設定の手間を飛躍的に削減でき、急なレジの増設にもスピーディに対応できます。

また、それぞれのレジで同じデータを保有できるため、万一の障害で1台が使用不能になっても、他のレジで業務を引き継ぐことが可能。もちろん、代替機と入れ替えるときにも容易にデータ復旧ができ、設置後すぐに業務に使用できます。

もちろん、繁忙期が過ぎれば、1台での運用に戻すことも可能。各レジのデータを1台に集約する手間も省け、年間を通じて取扱量に大きな変化のあるクリーニング店での活用に絶大な効果を発揮します。


▲1店舗最大4台連動可能

個店からチェーン店まで幅広い運用スタイルに対応

レジ同士で共有できるデータは、顧客情報、タグ情報、売上情報といった、クリーニング業務に必要不可欠な情報はもちろん、レジ自体の設定情報も含まれます。また、その情報は、各レジからUSBメモリやSDカードに複製することが可能。そのため、チェーン店などで新規店舗をオープンする際、従来店舗と同様のレジ設定をすぐにインストールすることができ、導入がスムーズに行えるというメリットもあります。

さらに、複数のレジで1台のプリンタを共有して使用するといった運用スタイルにも対応。各レジに同じデータが入っているため、すべてのお客様のお預かり証やレシートなどを、レジを選ぶことなく出力することができます。

1店舗での複数台運用から、新規店舗へのスムーズな導入まで、様々な運用スタイルに応えるV-REGIクリーニング店専用レジシステム。クリーニング店経営を支える基幹システムとして、様々な店舗の業務効率化をサポートします。

クリーニング店経営に役立つ資料を無料ダウンロード

クリーニング店を経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ