活用事例

CASE 2クラウドサービスとの連携で実現。業務の見える化で、経営効率を徹底改善。

客数や売上など、店舗の業績をきちんと把握することは、現在の経営状態を把握するだけでなく、その先にある解決すべき課題まで教えてくれます。それはクリーニング店も同じ。V-REGIを使えば、店舗の売上状況を自動集計し、タイムリーに閲覧・分析することが可能。毎日の業務効率化に大きく役立ちます。

活用例

◆店舗形態:一般店 ◆店舗数:1店舗〜複数店舗 ◆使用機種:V-R7100-CL

知りたい情報がすぐにわかる。すぐに対策が打てる

地域によって客層が異なるのはもちろん、曜日、時間帯、季節など、様々な要素でその日の売上が変わるのがクリーニング店。なかでもチェーン店ともなれば、それぞれの店舗の動向を的確に把握することは簡単ではありません。お客様とのおつきあいの中で培われた勘を頼りに経営方針を決めることも大切ですが、その裏付けとして確たるデータが欲しいのも事実です。

V-REGIは、インターネットを通じて店舗の売上を自動集計するクラウドサービスに対応。店舗のレジに入力された情報を約30分毎に集計し、専用サイトで手軽に閲覧することができます。本部や工場のPCなど、ネット環境があればどこからでも利用できるため、チェーン店のオーナーやエリアマネージャーが複数店舗の“今”を把握するのに便利です。

▲パソコン画面例

▲『V-REGI』
無線LAN対応大画面モデル(V-R7100-CL)

また、設定した時間にスマートフォンへ売上速報をメール配信することもでき、出張先や移動中でも店舗の状況が一目瞭然。閉店後、各店舗から上がってきた日報を確認し、翌日指示を出すという従来のスタイルとは違い、現状と報告の間にタイムラグがなく、必要なときに必要な対策をすぐに打つことができます。

タイムリーな情報を、シフト管理などの業務効率化に活用

売上集計管理サービスで集計できるのは、売上だけではありません。預かり品などの数量もリアルタイム感覚で確認できるのが特長。店舗、配送、工場など、各業務プロセスで様々なスタッフが関わるクリーニング店では、スタッフのシフト管理が悩みどころ。しかし、本部や工場で業務の流れをタイムリーに把握することにより、効率的な人員配置ができ、人件費の削減も可能となります。

集計した情報をもとに日報や月報を自動作成できる点も大きな魅力のひとつ。閉店後の一手間を減らすことで、店舗スタッフの負担を軽減できるだけでなく、業務時間を短縮して人件費を削減できるなど、経営上のメリットも決して少なくありません。

また、集計したデータを様々なグラフで見える化し多角的な分析ができるのもV-REGIならでは。時間帯別や曜日別の客数からパートタイムのスタッフを調整したり、昨月や昨年との売上比較から地域のニーズ傾向や競合店との違いを検討したりするなど、様々な“気付き”を得ることが可能。自店の強みや弱みをデータでしっかりと認識することで、毎日の業務改善から今後の経営方針立案まで、よりよいお店づくりの強い味方になってくれます。

※サービスのご利用には別途契約が必要です。

クリーニング店経営に役立つ資料を無料ダウンロード

クリーニング店を経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ