クリーニング店
経営課題解決実践例

お客様ごとの注文パターンを把握し、
クリーニング受付時に提案することで無理のない売上アップを実現!

【課題】

売上が年々落ちてきているクリーニング店。3年前からの帳簿をひっくり返してみたところ、客数・客単価・商品点数・売上の全てが年々落ちてきていることが分かった。経営を上向かせる良い施策はないだろうか?
詳しくはこちら

会員用価格設定をしておけば、
複雑な販促キャンペーンを展開しても怖くない!

【課題】

チェーン展開をしていているクリーニング店でも、販促キャンペーンは各店独自で行うことが多い。会員種別ごとに割引価格を設定するキャンペーンを行う際は、どうしても店頭でのレジ打ち間違いなどが多く、せっかくキャンペーンをしているのに、お客様のクレームが増えるという本末転倒が起きている。
詳しくはこちら

店舗売上データをクラウドに蓄積することで、
各店の状況をリアルタイムに把握できる!

【課題】

30店舗のチェーン展開をしているクリーニングチェーンだが、各店でスタンドアロンのレジを使用しているため、本社(本部)では売上のリアルタイム把握ができないず、問題が生じた際の対応が後手にまわってしまう。現状把握・問題点抽出・対策立案のサイクルをスピーディに行い、他チェーンよりも経営改善のPDCAを回していきたい。
詳しくはこちら

レジ操作ボタンの配置と大きさを自由に変更することで接客時間短縮!

【課題】

主婦と学生を中心とした我がクリーニング店の店頭スタッフは、様々な事情で入れ替わりが激しく、新人教育がままならない。時給を払って研修をし続けるほどの企業体力はないため、新人の早期戦力化・接客対応時間の短縮をしなければならない。
詳しくはこちら

お客様にメール送信をすることで、
対象者と条件を絞った販促キャンペーンを成功!

【課題】

クリーニング店では、季節ごとの割引キャンペーンを展開することは多いが、天候や気温、お客様の利用状況に応じたスモールキャンペーンの展開は少ない。会員の利用頻度や利用額、天候などに応じたキャンペーンは実施できないものか?
詳しくはこちら

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ