クリーニング店経営のヒント

経営・分析
クリーニング店の開業はかんたん?

サラリーマンの方が「独立や起業」を考える際に、検討候補に挙がることが多いのが「クリーニング店の開業」です。これまでご自分のワイシャツをクリーニング店に出された経験のある方が、「店で待っていて、お客様からクリーニングを受け取り、仕上がったものをお返しするだけなので、誰でもできる」という安易な気持ちで開業を検討されることが多いようです。

でも、実際はそう簡単にはいきません。クリーニング店の営業形態には、「自店で洗濯と処理をする一般クリーニング店」と「洗濯物の受取・保管・引き渡しを行う取次店」の2つがあります。独立開業を考えられる方は、後者の取次店をイメージされていることでしょう。新規で取次店を始めるためには、フランチャイズチェーン(FC)に加盟することが一般的です。「FCに加盟すれば本部が持っている看板とノウハウを使えるから、自分のような素人でもクリーニング店くらいはできるだろう」と思われるかもしれませんが、その考えは、後々大きな苦労を生むことになりかねません。というのは、実は、クリーニング業界というのは、非常にクレームの多い業界なのです。「クリーニングに出したらボタンが取れた」「お気に入りの洋服の色が褪せた」「自分は飼っていない犬の毛が付いている」「シミがきれいになると言われたのに、全然落ちていない」などなど、開業後は、とにかくクレームの多さに辟易してしまう人が多いのです。もちろん、FC本部も「クレームになりやすい事例と対応方法」などに関する一般的な研修を開業前にしてくれるでしょうが、これまでの人生で接客業を経験したことの無い人がクリーニング店を開業する際は、通り一遍の研修を受けただけでは、クレーム対処が難しいことが多くあります。開業時にはしっかりとした覚悟を持って臨むことをおすすめします。

開業に必要な費用

取次店を始めるにあたり、最低限必要なのは店舗や看板、受付カウンターとレジ、保管スペースや棚、保健所への申請などです。加盟金の金額などは、驚くほどFCによって違いがありますので、「加盟金で何をどこまでやってくれるのか」をしっかりと見極めるようにしてください。手厚いフォローをしてくれる本部は、看板や集客チラシなども負担してくれます。その他、POSレジを本部が無償貸与してくれたり、スーパーバイザーによる経営指導などをしてくれるかどうかなども、成功の大きなカギになると言えます。気になる初期費用ですが、設備工事費や什器備品などで約200万円、開業当初の広告宣伝費などで約100万円、合計約300万円以上はかかることを覚悟なさってください。

収支イメージ

取次手数料は、売上の20~30%程度です。仮に毎日50人のお客様が来店され、客単価が1,000円。休み無しで営業して手数料が25%だとすると、年間売上が1,825万円、粗利が456万円程度となります。広告費、光熱費、消耗品、雑費などで120万円程度かかるとすると、年間336万円の営業利益を確保できることになります。個人(夫婦)などで店舗を運営し、別途人件費がかからなければまずまずだ、と思われるかもしれませんが、実際には早朝や深夜まで店舗を開けておかないとお客様に価値を感じてもらえないため、朝番、夜番など、夫婦で役割を分担してお店を運営するケースが多いと言えます。

開業後にいかに集客をするか?

極端なことを言えば、「クリーニング店を開業する」ことは、お金さえ出せばだれにでもできます。でも、開業後に新規のお客様を自店に呼び込み、継続利用し続けていただくとなると、話は変わってきます。FCに加盟したからと言って安心していると、「開業時のチラシ5千枚分の印刷費は加盟金に入っているが、配布料は別」などの落とし穴が待っていることもあり、当初の期待通りに集客ができないケースも多いため、要注意です。開業後に安定した経営をするためには、新規のお客様を集める力と、そのお客様に自店を利用し続けてもらう力の両方が必要となります。一度お店をご利用くださったお客様に再来店していただくためには、しっかりとお客様のご利用動向を分析し、そのお客様に合ったクーポンをお渡しすることなどがポイントとなります。デラックス加工をよくつける方にはデラックス加工、ワイシャツのおタタミ仕上げを頼まれる方にはおタタミ券、という感じです。最近のお客様は「クーポンに関する目」も肥えていますので、「自分がよく使っているサービスの割引がついている」と思われないと反応してくれないことが多くなってしまいました。手動で分析をすることも不可能ではありませんが、レジの機能などを使って、しっかりとお客様の利用履歴を分析し、適切なクーポンをお渡しするようにしてください。

クリーニング店経営に役立つ資料を無料ダウンロード

クリーニング店を経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ