独立開業への道

~これだけは知っておきたいサロン開業のポイント~

第5回借入の知識

今回は、借入で特に創業時に優位に使える『中小企業経営力強化資金』についてお話しします。

開業時の資金調達方法としては公的創業融資(日本政策金融公庫)を利用するのが一般的ですが、その中でも今一番お勧めな融資が『中小企業経営力強化資金』になります。

『中小企業経営力強化資金』の三大メリット

1. 金利が低い

平成27年5月20日現在の金利は以下の表の通りとなっています。通常の創業融資だと2.3%になります。

融資期間 6年以内 6年超8年以内 8年超11年以内 11年超13年以内 13年超15年以内
年利 1.25% 1.35% 1.45% 1.55% 1.65%

※利率は金融情勢によって変動しますので、融資する際の金利は記載されている金利とは異なる場合があります。

表のとおり開業という信用が無い状況において低金利で融資をうけることが可能です。また、銀行や信用金庫で借りる場合は金利の他に信用保証料(信用保証協会が金融機関に対し信用を保証するかわりに支払う料金)がかかりますが、日本政策金融公庫の融資ではかかりません。

2. 無担保枠が大きい

無担保で最高2,000万円までの融資が可能です。また、担保があれば融資枠をさらに拡大することは可能ですが、一般的な美容室を開業する資金として2,000万円あれば十分な金額ではないでしょうか。

3. 自己資金要件がない

自己資金を用意することは、融資の要件には入っていないため、自己資金がなくても融資が受けられる可能性があります。したがって、開業時に自己資金を多く用意できない方たちにとっては、非常に大きなメリットとなっています。

認定支援機関である「経営革新等支援機関」のサポート

『中小企業経営力強化資金』の融資を受けるためには、経営革新等支援機関の助言と指導を受けることが必須条件となっています。融資申し込み時には経営革新等支援機関の助言等を受け事業計画書を作成し提出しなければなりません。また、毎年決算後『事業計画進捗報告書』を提出し、開業時提出した事業計画書の進捗状況を報告する必要があります。

なお、税理士法人西川会計は「経営革新等支援機関」として中小企業庁から認定を受けており、「中小企業経営力強化資金」による融資のサポートには数多く携わっており、経験と実績があります。ご相談等ございましたら弊社美容事業部へご連絡ください。

開業予定の方、創業計画書を作りたい方は税理士法人西川会計へご相談下さい。

税理士法人 西川会計 プロフィール

サロン経営のプロとしてサロン業界の発展とともに歩んできた、税理士法人西川会計。
事業計画書の作成や開業資金の調達・開業準備のポイントなどサロン経営に 40 年携わってきた実績とノウハウ武器に、サロンの商売繁盛をサポートいたします。

ページの先頭へ