ビギナーオーナーのためのサロン計数管理

第7回借入返済があるサロンの資金作り

サロンの開業には多額の設備投資が必要ですので、金融機関からの借入金返済は必須となります。この借入金を返済しながらお金を貯めるには、税務上の損益とキャッシュフロー(お金の収支)が違うことを理解しなくてはなりません。
このことを理解しないと、お金が残っていないのに利益が出てしまい税金を支払うことが困難になるようなケースになりかねません。

ではどうしてこのようなケースが起きるのでしょうか。

Ⅰ.資金とのズレが生じる一般的な原因の具体例(時期がズレるものを含む)

1.資金がプラスになる要因

1)
税務上は収入(益金)にならないが、入金されるもの
①金融機関からの借入金
②社長からの借入金
③積立預金・定期預金の解約入金
④従業員からの預かり分(源泉所得税、住民税等)
2)
税務上は経費(損金)になるが、出金しないもの
①減価償却費(税務上の資産の価値減少分を経費にする)
②未払の経費(支払は確定しているが未だ支払っていないもの)
 イ.材料・店販商品の掛け支払(末締め、翌月払い等)
 ロ.クレジットカードでの経費支払

2.資金がマイナスになる要因

1)
税務上は収入(益金)になるが、入金がないもの
①クレジットカードでの売上
 →技術をした日、商品を売却した日に収入計上するが、入金は後日になる
2)
税務上は経費(損金)にならないが、出金するもの

①金融機関からの借入金返済
②社長への借入金の返済、貸付金の支出
③積立預金・定期預金に預け入れ
④前払の経費(支払は確定していないが、確定日前に支払ったもの)
 イ.前払家賃
 ロ.保証協会保証料
 ハ.生命保険料の長期前払費用部分
⑤税務上資産として計上するもの
 イ.1セット30万円以上のものを購入
 ※中小企業者等の少額減価償却資産の取得価格の損金算入の特例適用の場合
 ロ.店舗の保証金(返還されるもの)
 ハ.生命保険等の保険積立金部分
 ニ.修繕した資産の価値を増加させるような支出
 ホ.自動車のリサイクル料

⑥従業員からの預り金の支払(源泉所得税、住民税等)

Ⅱ.資金とのズレが大きく生ずる要因の具体例

1.
資産の購入と借入金の返済

金融機関から1,500万円借入をして、1,500万円かけて内装工事をしたとします。返済期間5年(元金均等)の場合、年間返済金額300万円ですが、内装工事のメイン工事は税務上の耐用年数が15年なので経費となる減価償却費は年間1,005,000円です。
お金は3,000,0000円支出しますが、経費になるのは1,005,000円です。差額の1,995,000円についてお金は出ていきますが、経費にはならない金額になってしまうのです。
しかし5年間の返済が終わりますと、今度はお金を支出しなくても経費になる金額が1,005,000円あるので資金繰りが楽にはなるのですが、返済が終わるまでの期間は資金繰りが苦しくなるケースが多いのはこのことが原因なのです。

2)
生命保険料の支払い

会社契約の生命保険には、全額経費となるもの、半分経費・半分資産計上、全額資産計上のものがあります。

例えば、年間120万円の生命保険料を支払ったとしても、契約内容によって全て経費になるものもあれば、資産計上が必要なものもあります。もし資産計上が必要な生命保険であれば、半分の60万円しか経費で計上できないものもあれば、1円も経費で落ちないものもあります。その時にお金の支出と経費にズレが生じることがあります。しかし、資産計上が必要な生命保険のほとんどが解約した場合の返戻率が高いものが多いので、資金を留保するためには有効な手段と言えるでしょう。

Ⅲ.資金を貯めるための必要売上の出し方

(固定費+キャッシュフロー資金不足分+目標貯蓄額)÷限界利益率=必要売上

※1
固定費=売上に関係なくかかる費用(家賃・給与等)
※2
キャッシュフロー資金不足分≒年間返済金額-減価償却費
※3
限界利益率(%)=(限界利益÷売上高)×100
※4
限界利益=売上高-変動費(材料費等)

注:今回の計算式には税金は考慮していません。

サロンの計数管理は 税理士法人西川会計 へご相談下さい。

税理士法人 西川会計 プロフィール

サロン経営のプロとしてサロン業界の発展とともに歩んできた、税理士法人西川会計。
事業計画書の作成や開業資金の調達・開業準備のポイントなどサロン経営に 40 年携わってきた実績とノウハウ武器に、サロンの商売繁盛をサポートいたします。

ページの先頭へ