ビギナーオーナーのためのサロン計数管理

第29回サロンの経費(保険料)損害保険編

サロンで経費になる保険には、損害保険と生命保険に分かれます。
今回は損害保険についてお話します。

損害保険

サロンで加入する損害保険はおもに火災保険と賠償責任保険、傷害保険になります。
※各保険会社で保障内容が違いますのでご確認ください。

1.
火災保険
火災などの事故によりサロンの所有する建物、内装設備、什器等に損害が発生した場合に支払われる保険です。火災だけでなく、爆発、風災、水災も補償の対象になります。
注:地震もしくは噴火またはこれらによる津波等の事由により起きた上記損害は補償の対象外になります。しかし自己所有の店舗併用住宅の場合は地震保険に加入することができますので地震もしくは噴火またはこれらによる津波による損害も補償されます。
2.
賠償責任保険
サロン経営を取り巻くさまざまな賠償リスクを補償する損害保険です。
1)
施設賠償保険
サロン内でお客様が転んでケガをしたり、2階以上店舗で水漏れをおこし、階下の店舗を汚損してしまった場合等に補償する保険です。
2)
生産物賠償保険
カラー剤で頭皮がかぶれてしまったり、お客様の耳を誤って切ってしまった場合等に補償する保険です。
3)
受託物賠償保険
お客様からお預かりした上着、お荷物、傘等を誤って紛失してしまった場合に補償する保険です。
4)
その他の賠償責任保険(賠償請求の具体例)
使用者賠償責任
スタッフがサロンで業務中にケガをしてしまった。安全配慮義務違反があったとして損害賠償請求された。
雇用慣行賠償責任
職場でのいやがらせによって退職を余儀なくされたスタッフから会社の管理責任を問われ、損害賠償請求された。
3.
その他の損害保険
1)
傷害保険
スタッフが万一の急激かつ偶然な外来の事故によるケガを対象とする保険です。
急激 突発的に発生することであり、ケガの原因として事故がゆるやかに発生するのではなく、原因となった事故から結果としてのケガまでの過程が直接的で時間的間隔のないことを意味します。
偶然 「原因の発生が偶然である」「結果の発生が偶然である」「原因・結果とも偶然である」のいずれかに該当する予知されない出来事をいいます。
外来 ケガの原因が被保険者の身体の外からの作用によることを言います。
4.
経費にならない損害保険
積立型の損害保険
火災保険、賠償責任保険等に満期返戻金のある積立型の損害保険のうち積立部分は経費になりません。
年金型の損害保険
自分の将来の生活保障のために加入する年金支給型の損害保険
※基本的にサロンに関係のないもの、積立型のものの一部は経費にならないので気を付けてください。
5.
注意点
保険会社によって契約内容も様々です。上記は一般的なお話ですので、加入前に専門家に必ずご相談ください。
 

次回は生命保険についてお話します。

サロンの計数管理は 税理士法人西川会計 へご相談下さい。

税理士法人 西川会計 プロフィール

サロン経営のプロとしてサロン業界の発展とともに歩んできた、税理士法人西川会計。
事業計画書の作成や開業資金の調達・開業準備のポイントなどサロン経営に 40 年携わってきた実績とノウハウ武器に、サロンの商売繁盛をサポートいたします。

ページの先頭へ