V-REGI 安心のレジ機能と広がる拡張性をひとつに
カシオ計算機株式会社
Home > サロンの方へ > 導入事例 / 活用事例 > LAID-BACK Hair Lounge 様
導入事例
LAID-BACK Hair Lounge 様

専用システムの強みを活かして、
ヘアサロンの業務効率化、サービス向上を実現。

▲LAID-BACK Hair Lounge(東京都八王子市)

『レイドバック ヘアラウンジ』は、三階建ての瀟洒なファサード、居心地のよいインテリア、気さくなスタッフが魅力のヘアサロン。その名の通り、“ゆっくり、のんびり”くつろげる空間として、幅広い年齢層のお客さまに親しまれています。同店では、2014年10月のオープンと同時に、POS-SG Lite VX-100を導入。予約管理、顧客管理、売上管理などに活用し、より多くのお客さまに喜ばれる店づくりを目指して、日々サービス品質の向上に力を入れています。

店舗運営のコアシステムとして、機能性、操作性、信頼性を高く評価。

『レイドバック ヘアラウンジ』は、八王子を拠点に営業を行うヘアサロン。代表の渡辺一隆氏にとって、2013年オープンの『レイアロハ ヘアラウンジ』に続く2店目の出店となります(同店は2015年2月よりフランチャイズ化)。ひとりひとりの髪質に合わせたオリジナルのパーマやカラーのコース、カット技法など、豊富なメニューを用意するとともに、全国でも珍しいオーダーメイド型のサロン専用トリートメントを取り扱うなど、お客さまのニーズにきめ細かにお応えするのが大きな特長。

「当店の自慢はなんといってもアットホームな雰囲気。お客さまとのコミュニケーションはもちろん、スタッフ同士も家族のような関係で仲良くやっています。一方で、ひとりひとりのプロ意識もかなり高い。そのため、店で使用する器具や設備なども一流のものにこだわり、高いモチベーションで業務に専念できる店づくりに取り組んでいます。」(渡辺氏)

その言葉には、スタッフが気持ちよく働ける店こそ、お客さまにとっても居心地のよい店になるという、強い思いがうかがえます。そんなお店を運営面で支えるのが、カシオのサロン専用システムPOS-SG Lite VX-100。会計はもちろん、予約管理、顧客管理、売上管理などを担うコアシステムとして、2014年10月のオープンと同時に導入されました。

「1号店ではPC-POSを使用していますが、2号店ではランニングコストをもう少し抑えたいという思いがありました。機能も多すぎると使いこなせないのではという懸念もありましたね。そこで出会ったのが、POS-SG Lite VX-100。サロン専用システムというだけあって、必要な機能が過不足なく備わっており、カシオというメーカーにも信頼感を感じました。また、ハードとソフトがオールインワンでパッケージされており、イニシャルコストもランニングコストもリーズナブルに設定されている点が魅力的でした。問い合わせてすぐにデモを見せてもらい、内装にマッチしたデザインを一目見て導入を即決しました。」(渡辺氏)

さらに、渡辺氏は、VX-100にAndroid™プラットホームが採用されていることにも着目。PC-POSに比べて起動が早く、フリーズが少ないため、開店準備がスムーズにできるだけでなく、営業時間中もトラブル対応に時間を割かれることがなくなったそうです。

「当店には受付専用のスタッフがいないので、機器のトラブルは主業務であるサロンワークの中断につながります。その点、VX-100は、今のところ故障知らず。また、使い勝手の面でも、スタッフの評判は上々。とくに、スマートフォン感覚で操作できるタッチパネルは、キーボードが苦手な人でも簡単に操作でき、予約受付時の入力もスムーズですね。」(渡辺氏)

代表 渡辺一隆氏 美容学校の講師や福祉施設の訪問美容を行うなど、幅広く活躍。
▲代表 渡辺一隆氏
美容学校の講師や福祉施設の訪問美容を行うなど、
幅広く活躍。
ゆったりくつろげる店内空間
▲ゆったりくつろげる店内空間

予約受付から会計処理まで、毎日の業務を快適サポート。

ヘアサロンにとって最も重要な業務のひとつである予約管理。『レイドバック ヘアラウンジ』では、お客さまの来店予約を店頭、電話、WEBから受け付け、それらすべてをVX-100に集約し効率的に管理しています。

「使ってみて便利だなと感じたのは、予約画面のタイムライン表示ですね。予約状況が現在時刻とともに表示され、5分ごとに更新されるので、今やっていること、これからやることが一目でわかります。スタイリストの業務は時間との勝負なので、見やすい画面でリアルタイムに現状把握ができると大変助かります。」(堤氏)

「また、入ってきた予約を登録するだけでなく、予約画面をプリントアウトしてお客さまに渡し、次の来店日時を決めていただくといった使い方もできます。お客さまのなかには年配の方もいらっしゃるので、WEBでの予約が難しい場合もあります。そんなとき、来店時の接客のなかで、再来店を促すのに役立ちますね。また、その場で事前予約をすることで、電話予約の件数が減り、電話応対を気にせず業務に専念できるというメリットもあります。」(堤氏)

会計時には、VX-100のレジならではの機能が活躍。例えばレシート。PC-POSとは異なり、プリンタを用意することなく手軽に明細が発行できるので、カットの予約をされたお客さまが、来店されてからカラーやパーマを追加するなど、予約時と来店時で施術内容が異なる場合でも、メニューごとの料金が明確にできます。レシートを発行しない美容室が少なくないなか、こうした機能はお客さまに安心感をもってもらえるといいます。

「とくに、当店ではカット、カラー、パーマから、ヘッドスパ、トリートメント、ヘアセットアップ、ヘアケアまで、豊富なメニューを取り揃えているだけでなく、保護者同時施術で幼児カット無料など、各種割引制度もご用意しており、料金体系が多岐にわたります。こうした状況のなか、会計時に合計金額だけを口頭でお伝えするより、レシートで明細を確認できる方がいいですね。お客さまも安心だし、入力ミスの防止にも役立ちます。」(堤氏)

「さらに、当店では、施術メニューだけでなく、店販アイテムも100種類近くあり、マスタ登録にはバーコードスキャナを活用しているほど。お客さまの髪質によって、さらには季節によってもおすすめするアイテムが変わります。施術内容もそうですが、店販商品まで細かく登録しておくことで、売上分析や顧客管理、在庫管理にまで役立てることができます。」(渡辺氏)

店長 堤哲平氏 美容コンテスト全国大会で優勝を飾るなど、スタイリストとしての実力は当店No.1。
▲店長 堤哲平氏
美容コンテスト全国大会で優勝を飾るなど、
スタイリストとしての実力は当店No.1。
カウンターに設置されたVX-100
▲カウンターに設置されたVX-100

売上管理、顧客管理の徹底で、さらなるサービス品質の向上を。

ヘアサロンに限らず店舗運営に欠かせない毎日の売上集計にも、カシオのサロン専用システムが効果を発揮。客数、総売上はもちろん、メニュー別、スタイリスト別の売上などを自動集計することができます。

「店舗の売上は閉店後に集計し、LINEで代表に報告します。手作業で日報を作成すると30分程度かかりますが、自動集計された数字を画面とジャーナルで確認するだけだと5分〜10分。閉店後のひと手間が減り、スタッフの負担も軽くなりました。」(堤氏)

「売上の分析も項目ごとに細かく把握できるのもいいですね。経理担当を一人雇ったくらいの働きをしてくれているという感覚です。今後、データが蓄積されると、顧客別の年間総支払額や前年比、前月比など、さらに綿密な分析が可能になると期待しています。」(渡辺氏)

顧客管理という面では、約800名のデータを登録。今までの施術内容や購入アイテム、接客中に気付いた点などをカルテとして登録し、来店前にチェックするなど、サービス品質の向上に役立てています。また、顧客分類に役立つRF分析も高評価。再来店率向上のための目安として定期的にチェックするよう心がけているそうです。

「予約管理、売上管理、顧客管理に関しては、アナログ的な手法を残しつつ、POSならではの機能をうまく活用していきたいと考えています。デジタルに一本化するというより、ダブルチェックできる体制を整えていきたい。そのために使える機能は、これからもフル活用していくつもりです。」

今後の予定として、店舗の3階フロアに、アイラッシュやリラクゼーションを提供するスペースを設けたいと話す渡辺氏。老若男女、美しくありたいと願うすべての人のために、トータルビューティを提案するサロンとして『レイドバック ヘアラウンジ』のチャレンジは、これからも続きます。

スタッフとともにミスインターナショナル世界大会やファッションショーなどでヘアメイクを担当するなど、多彩な実績を持つ実力者揃い。
▲スタッフとともに
ミスインターナショナル世界大会や
ファッションショーなどで
ヘアメイクを担当するなど、
多彩な実績を持つ実力者揃い。
スタッフの日々の活動をブログで紹介
▲スタッフの日々の活動を ブログ で紹介
ページの先頭へ
V-REGIサイトホーム