サロン店経営課題解決実践例

エステサロン[課題解決例]顧客1人1人の売掛管理を徹底することで未収を防ぐ

課題

エステサロンでは、高額・長期にわたる契約が多いが、クレジットカード決済ができないお客様も多い
お客様1人1人、さらには契約していただいているコースごとに売掛状況と役務提供状況の把握が必要

V-REGIが解決!

V-REGIの売掛金管理機能を使えば、個々のお客様の契約内容・入金額・売掛金残が把握できるため、未収金を無くすことが可能となります!

具体的なケース

ボディーケア総合コース、美脚コース、二の腕短期集中コース、ウェディングコースなど、多くのサービスメニューを抱えているエステサロンA店。
定期的な販促活動により、新規のお客様からのお問い合わせ・来店は増え、また入会前カウンセリングにおけるヒアリングと啓蒙によりお客様の契約率は高まってきたが、現金の持ち合わせが少ないお客様、クレジットカード決済ができないお客様が多いために、どうしても初回契約時には頭金だけをお預かりして、売掛金が発生してしまうことが多い。

これまでは紙ベースの顧客カルテに売掛状況を記入し、都度お客様にご入金依頼をしていたが、管理がずさんなため、どなたからいついくらの入金があれば良いのかがしっかりと管理しきれていなかった。結果、ご入金済みのお客様に対して入金督促をしてしまって信用を落としたり、残金をお支払いただけていないお客様にも施術を行ってしまったりという現場トラブルが頻発していた。

 

エステサロンにおいては、ヘアサロンなどと違い1日の来店客数は少ないが、1人あたりの売上額が非常に高額になりやすいために、多くのサロンでトラブルが頻発してしまっているのではないでしょうか?特に1人のお客様が複数コースをご契約いただいている場合、ご入金実績を契約コースごとにしっかりと管理していく必要があります。

V-REGIを導入すると…

「お客様ごと・契約コースごとのご契約日/頭金/売掛金/初回入金日/売掛金残高」などを一覧で表示できるために、上記トラブルを未然に防ぐことが可能となります。複数コースをご契約していただいているお客様でも、コースごとの支払い期限の設定や入金消込ができますので、未収が発生しづらくなります。

もちろん、店舗ごとに売掛が残っているお客様一覧を表示して、「誰にどれだけの売掛金残があるのか」また「どなたからいくらの入金があったのか」などを把握することが可能です。売掛金の管理においては、「最終支払日」と「売掛金残額」を常に把握しておくことが重要ですので、店舗が抱えている売掛金残がどれだけあるのか、を一覧で確認できることは非常に重要なのです。

また、店舗一覧で状況把握をしたうえで、各担当ごとに画面を切り替え、売掛金回収状況を把握することも可能です。
この担当者別一覧で売掛状況確認することで、例えば未収金額・件数が多い担当者は『カウンセリング(営業)時に調子の良いトークを連発し、「お客様を乗せる」ことで契約を獲得している可能性が高いのではないか』などについても推察できます。

 

複数店舗を運営しているチェーン店の場合、本部スーパーバイザーが臨店をしなくても各店の状況を把握しやすくなりますし、売掛金の入金状況をすぐに確認できるため、スタッフごとの歩合給を計算する際に、非常にラクになります。

 

V-REGIに興味のある方は是非こちらをご覧ください。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ