サロン店経営課題解決実践例

ヘアサロン[課題解決例]WEB予約機能を導入して、お客様の再来店率アップ!

課題

小人数で運営しているヘアサロンでは、施術中に予約電話が入ってきても、電話に出られない時、十分に対応できない時がある
最近はお客様の失客(離脱)が増えてしまっているように感じるが、原因は電話予約対応にある可能性が高い

V-REGIが解決!

V-REGIのWEB予約機能を使えば、既存のお客様は美容室に電話をすることなく予約ができるため、失客を少なくなることが可能です!

具体的なケース

セット4面、シャンプー2台のヘアサロンのケース

スタイリスト2名、アシスタント1名の計3名で運営している小さな美容室。オープンから4年が経ち、昨年までは来客数・売上額共に右肩上がりだったが、最近、売上が落ちてきた。日々の業務が忙しく、経営分析をする時間を確保できなかったが、あまりにも売り上げが落ちてきているため、ついに3名で分析ミーティングを実施。分析によって分かったことは、オープン後3年間欠かさずに行ってきた平日のポスティングを止めてから売上が落ちてきていることと、これまで何度も来店してくださっていた常連顧客様がここ1年間は何人も来られなくなってしまっていることだった。

 

とある火曜日、美容室がお休みの日にスタイリストAさんが喫茶店でふと横を見ると、過去に常連だったお客様がいらした。顔と名前もしっかりと覚えていたので、思い切ってお声掛けをして、「当店に来ていただけなくなった理由」をお聞きすると・・・

 

「だって、何度か予約しようと思ってお電話したんですが、出ていただけなかったからもういいや、と思って・・・」

 

という答えが返ってきた。Aさんは施術中に誰も手が離せなくて電話をとり損ねたシーンが頭に浮かび、お客様に深く頭を下げた。

V-REGIを導入すると…

多くの美容室では、上記のように、「施術中にかかってきた電話をとり損ねた経験」があるのではないでしょうか?
受付専門のスタッフがいたり、多くのアシスタントを使っている大箱店は別として、数人で回している美容室では、なかなか電話にすら出られないことがあるかと思います。でも、あなたがとり損ねた電話は、超重要常連顧客さまからの予約電話だったのかもしれません。一度のご来店で、カットだけでなく、縮毛矯正やヘッドスパ、その他のメニューをこなしていただき、5万円以上の売上をいただける可能性のある予約電話をとれなかったのかもしれないとすると、非常に悔やまれますよね。

 

最近は、居酒屋でも飛行機のチケットでも、「ネットで予約をする」ことがユーザーにとって当たり前になってきました。携帯電話で高い通話料を払って貴重な休み時間に出てくれるか分からない美容室に電話をする、という行為が、お客様にとっては面倒くさくて仕方がないのです。特に若いお客様は、「通話」をあまりしません。友だちとの会話もメールやチャットで済ませてしまいます。そんなお客様に、美容室の予約を電話でしていただこうとすること自体が、そもそも無理があるのかもしれません。

 

某大手運営のヘアサロン予約サイトにお客様が集まり、美容室への予約が入りやすいのは、「何時でもネットで気軽に簡単に美容室の予約が出来るから」です。お客様が来店予約をWEBからしてくださった時間帯を見てみると、なんと「3割以上が美容室が閉店した後の時間帯、すなわち夜から夜中にかけて」だというお店も多いようです。お客様は、会社や学校から帰ってきて、お風呂に入って、リラックスしている時間帯に「そういえばそろそろ美容室に行こうかな」と思い立ち、その場でWEBから予約をされることが多いようですね。しかし、残念ながら予約サイトを使い続けるための毎月のシステム利用料はバカになりません。小さな美容室にとっては、払い続けるのはかなり困難でしょう。

 

そこで、V-REGIを導入すれば、毎月のシステム利用料をかけずに、あなたの美容室の常連客さまがこのWEB予約を簡単にしていただけるようになるのです。お客様は美容室の営業時間を気にすることなく、スマホやパソコンから、簡単に予約した日時、施術内容、スタッフなどを選べます。
初めてのお客様の場合はメールアドレス、お名前、お電話番号をご登録いただくことで入力内容から自動的にカルテも作成しますので、顧客対応もスムーズに行えます。

▲お客様がWEB予約をされる時の画面イメージ

▲店舗側の予約管理画面イメージ

美容室においてお客様が不満に感じることの1つが、「担当スタイリストが他のお客様にかかりっきりで長時間放置された」というものです。
これは、予約受付段階で「誰が(どのスタイリストが)どのお客様を何時から何時までどのメニューで担当するのか」「複数人のスタッフが関わるべき施術においては、誰が何を担当するのか」などについて、しっかりと確認ができないまま、「○○様18時ご来店:カットとリタッチ」などと曖昧な予約の受け方をしてしまっているために、担当切り替えや連携がうまくいかず、お客様に不満を感じさせてしまっているのです。

 

V-REGIのWEB予約システムを使えば、店休日はもちろん、スタッフの休日や休憩時間なども細かく設定可能です。また、1人のお客様でも施術ごとに複数スタッフを割り当てられるので、お客様を「放置」してしまうことが少なくなります。もちろんダブルブッキングも防止できるため、予約のトラブルを回避できます。

ぜひWEB予約システムを導入し、あなたの美容室の大事なお客様が、いつでもどこでも何時でも、気軽に美容室の予約ができるようにしてください。

これからの時代、WEB予約システムを導入していない美容室の来店客数は、残念ながら右肩下がりになっていってしまうと予想されます。

 

V-REGIに興味のある方は是非こちらをご覧ください。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ