サロン店経営のヒント

経営・分析
美容室開業講座

美容室開業講座。儲かる秘密は「物件探しと集客」にあり。
美容室を開業する際に注力すべきポイントは、「物件探し」と「集客」です。

物件探しのポイント

美容師として働いている間はなかなか知りえないポイントかと思いますが、美容室を開業しようとする際に多くの方がつまづくのが「良い物件が見つからず、美容室を開業できない」という問題です。

もちろん、店前通行量の多い好立地に美容室を開業できたら最高ですが、現実はそううまくはいきません。 居抜き物件の競争率は非常に高く、自身でスケルトンからお店を作り上げる、となると好立地の場合内外装で数千万円かかってしまうケースも多いからです。

では郊外に、となると出店費用は安く抑えられますが、集客が難しくなる、というジレンマがでてきます。
多くの方は開業資金を借り入れに頼らざるを得ないでしょうから、美容室の新規開業時には、まずは郊外もしくは二等立地で出店をして資金とお客様を集め、ある程度余裕が出てきてから改めて物件探しをして新店舗で勝負をかける、という戦術をとるのも良いでしょう。

独立を決めたその日から、時間を作り、開業希望エリアの不動産屋めぐりをして、希望条件を伝え物件探しをスタートすることをお勧めします。
今働いている美容室に不義理をしてはいけませんが、残念ながら安心してください。そうそう簡単に希望しているエリアに希望している条件で開業できる美容室物件というのは見つかりませんから。 開業資金を抑える、ということを主眼におくならば、やはり居抜き物件を探してください。ただし、居抜きの場合は、水回りが傷んでいて開業後にトラブルが起こりやすいので要注意です。

また、居抜きでない場合にトラブルになりやすいのが、電気容量です。
美容室物件の契約後に電気容量が足りないことが発覚し、高額な工事費用が発生してしまうケースが多くあります。美容室が必要とする電気容量は、不動産屋も把握していないことが多いので、契約前に自分でしっかりと調べておくことが大切です。

集客のポイント

また、当然のことですが美容室の新規開業においては、新規集客に最も注力しなければなりません。
せっかく美容室を開業しても、お客様が来なければ商売は成り立ちませんからね。

ここも悩ましいところではありますが、販促費用に使える額が限られている中、いかに資金を効率的に使って集客するか、がポイントとなります。もちろん、大手WEB媒体などと契約をすると、それだけで毎月数十万円もかかってしまうため、最初は地道に努力しつづけるしかありません。

一昔前は「客ハン」と呼ばれた、街中でお客様をハンティング(声掛け)することで、新規客を発掘する手法が取られていましたが、最近はお客様側も慣れてきてしまい、反応してくれなくなりましたよね。
そんな中、効果を発揮するのが、アメブロなどのブログや、TwitterなどSNSの活用です。

美容室開業後は、とにかく1日5回でも10回でもつぶやき、投稿をし続けることで、地味ですがお客様が反応してくれるようになります。
また、例えば「髪を切ったよ~」という投稿をしている人に、あまり売り込み色を出さずにコメントをし続けるなど、いつかお客様になってくれる可能性のある人(この場合は、自店エリアと離れていても問題ありません)とふれあい続けることで、新規のお客様がついてきてくれるようになります。
投稿し続けるネタがない、という場合でも、Newsになっている美容室関連情報をチェックしてリツイートするなどすれば数は稼げます。ブログやTwitterから毎月50人もの新規客を獲得している美容室も存在しています。地道ですが、販促費をふんだんに使えない、開業間もないころには、こうやって頑張り続けることが大事なのです。

もちろん、新規で美容室にご来店してくださったお客様をいかに満足度高く施術・接客するかは、あなたの腕とホスピタリティにかかっていますので、真剣勝負で臨んでくださいね。
顧客満足度が高ければ、お客様は必ずリピート客になってくださいますので。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ