サロン店経営のヒント

エステサロン
エステサロン開業講座

エステサロン(美容サロン)を開業しようとする方は、大きく3種類に分けられます。 1つは、異業種からの参入。もう1つはエステティシャンの独立。 最近はこの2つに加えて、美容室やネイルサロンとの併設を検討している方が多くなってきましたね。

コンセプト作りが繁盛店へのカギ

エステサロン(美容サロン)の開業には特別な資格はいらず、自宅の一室で自分の腕(技術)一本で稼げるという話を聞いたり、一見華やかに見えるため、開業すれば自分の人生がバラ色に輝くだろうという夢を描いて参入する方が多いのですが、なんと開業後1年間で60%、3年以内に90%が閉店してしまうというデータもあるそうです。 

では、エステサロン(美容サロン)を開業する際に気をつけるべきポイントはどこにあるのでしょうか?

まずは、とにもかくにも集客と、そのための施術メニュー選定です。
美容室やネイルサロンとの併設の場合は、すでに開業済みのお店にエステメニューを加えることが多いため、ある程度の集客が見込めるでしょうが、新規開業の場合には、ゼロからお客様を集めなくてはなりません。
エステティシャンとして働いていた方が独立する際は、担当しているお客様が「自分の腕」についているのか「お店」についているのかをしっかりと見極めてください。今働いている店舗で毎日忙しく施術をしているからと言って、お客様がお店についている場合は、独立して新規開業しても、誰も来店してくれない危険性もありますので。

ベンチマーク店をチェックし勝てるお店づくりを

エステサロン(美容サロン)新規開業の際に一番気を付けなければならないのが、「心と身体の総合エステ」のように、漠然としたコンセプトでお店を開業してしまうことです。
女性は皆キレイになりたいと願っています。お金があればエステにでも行きたいと考えています。
でも現実には、「この部分が解決できるのならばお金を払う」とかなり具体的に課題意識を持っているはずです。 このお客様の課題意識をくすぐるようなコンセプトと施術メニューを用意しなければ、お財布を開いてはくれないのです。 

エステサロンを開業しようとしている方は、地域競合店の施術メニューを徹底的に研究してください。
どこでも提供しているようなメニューでは、新規のお客様は飛びついてはくれません。他店が提供していないメニューを導入し、そのメニューをフックに集客をして、周辺メニューを提案していくという方式が良いでしょう。

例えば、ここ数年、北米で急激に伸びているサロンメニューは眉毛スレッディング(threading eyebrows)です。 眉毛を糸で整える施術ですが、サロン数、関連商品ともに急激に伸びています。
ワックス除毛よりも刺激が少なく仕上がりもナチュラルだとセレブを中心に大評判なのですが、毛抜きや眉毛カッターで日々頑張っている女性にとって、魅力的に聞こえますよね?

美容室との併設店などにおいては、「眉毛スレッディングを始めました。前髪カットの後に、少しだけ試してみませんか?」とお声掛けすることで、多くの方がお試しをしてくださり、次回からは有料での依頼、さらにはスレッディングのためだけに来店してくださる方も出てくるでしょう。

エステサロンの新規開業時においては、「どのようなメニューでお客様の注目を引き、集客をするか」が一番のポイントとなります。

もちろん施術の技術、リピートしたくなるような接客、無理のない範囲での価格設定が揃わないと継続的に来店し続けていただくことはできませんが、どんなに技術を磨いても、お客様に来店していただかなければ、お店はつぶれてしまいますからね。

魅力的なメニューで集客をして、できれば、施術前後のビフォーアフター写真をしっかりと撮らせてもらい、「このエステに行ったらこんなに効果がある。キレイになれる」とお客様に感じていただけるようにしておきましょう。写真をお客様にお送りすることができれば、Facebookにアップしてくださるなど、口コミが広がることも期待できますよ。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ