サロン店経営のヒント

ネイルサロン
ネイルサロンは作品集とお客様のコメントが集客のポイント

ネイルサロン集客① ~ 自分のお店の特長・コンセプトを明確に

ネイルサロンは低資金で開業ができるために、OLさんが一念発起して起業する、というケースが多くあります。ご自宅の一室で開業する、という方も多いですね。もちろん、ネイルサロンを開業したからには、お客様を集めなければなりません。集客のためには、施術の技術を磨くことはもちろん「なぜ自分の経営するネイルサロンにお客様が来たがるのか」というポイントをしっかりと抑えることが大事です。

正直なところ、フリーペーパーを見れば似たようなお店ばかりが並んでいて
・オフが無料
・自爪を大切にした施術
・駅近く&当日予約OK
などをアピールしていますが、お客様の視点で見ると、「どこも同じようなネイルサロンばかりで、どこを選んだら良いかがさっぱり分からない」という状況です。

このように競合がひしめくネイルサロン業界において、競合他店よりも集客をし続けるためには「他店には無いウリ」言い換えれば「自店にお客さんが来てくださる理由」をしっかりと作り、お客様にアピールしていくことが大切です。

例えばフリーペーパーに広告を出稿する際には、「指が太い方必見!指が太い方に合ったネイルデザイン多数!」などのように、多くの方が持っているコンプレックスや悩みを逆手に取ってアピールすることで「あ、このネイルサロン、少し気になるから、問い合わせてみようかな」とお客様に感じていただけるような打ち出し方をすることが大事なのです。
間違っても、近隣の競合が○円で出しているから、当店はさらに○円安く広告を出してみよう、というような値引きに走らないでください。
安易な値引きは利益が削られるだけでなく、「値引きをしないとお客様が来てくれない、流行っていないネイルサロン」という印象をお客様に植え付けてしまい、悪循環につながってしまいます。

ネイルサロン集客② ~ お客様の声は最高のキャッチコピー

また、施術をさせていただいたお客様には、頼み込んででも写真を撮らせていただき、「作品集」に随時加えていくことをお勧めします。
ポイントは、ネイルを施術した指先写真だけでなく、敢えて手の甲まで写るカットと、出来れば全身写真まで撮らせてもらうこと、また、お客様の「感想」をしっかりとお聞きして作品集の横に付記しておくことです。
感想はお客様の手書きでもらえればなお良いですね。

「指が太くて悩んでいましたが、すっきり見えるデザインを提案してもらえたので、満足です。次回も同じような感じでお願いします」
「ストーンを付けた爪がストッキングなどにひっかからないかなどを、何度も実際に試させてもらえたのですごく嬉しかったです。ここまでしてくれたネイルサロンは初めてでした」
「ネイルをしてもらってから3日後にどうしてもデコボコが気になるので相談をしたら、無料でジェルを重ね塗りしてくれたので大満足です」

など、お客様に施術したネイルのアップ写真だけでなく、お客様のコメントを付記させていただくことで、自然と「自店のウリ」をお客様に伝えることが出来るようになります。
極端な話をすれば、フリーペーパーには「ネイルの写真」を敢えて載せず、お客様コメントを抜粋して掲載してみてください。ネイルサロンを選んでいるお客様候補の目に留まりやすくなりますし、似たようなウリしかアピールしていない他店を差し置いて、一気に利用候補店になることが可能となります。

ネイルサロンを経営していると、どうしても「最先端の技術やデザイン」を追い求めてしまいがちですが、お客様の視点は常にそうとは限りません。
むしろ、
・指が太い
・爪が小さく、ネイルが乗りづらい
・指先が黒ずんでいて、なかなか合う色のネイルが無い
など、お客様が日常の中でコンプレックスに感じていることを解消できる(できそうだ)ということのほうが、ヒットしたりします。

ぜひ作品集を作り、お客様が解決したいコンプレックスごとにインデックスを付けて見やすいように整理をしてあげてください。
きっとお客様に喜ばれると共に、満足したお客様は、SNSなどでそのネイルとあなたのネイルサロンを紹介していただけるものと思います。

お金を払って爪をキレイにしたお客様は、誰かに見てもらいたかったり自慢をしたいものです。
施術後に「カワイくなりましたね。Facebookに店名付きで写真をアップしていただければ、次回ストーンを1個無料でプレゼントしますよ」などのようにお客様の背中を押して差し上げることもお忘れなく。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ