サロン店経営のヒント

顧客満足度アップ
原価率の低いオプションのサービスを無料提供して
顧客満足度を上げる

お金をかけずに顧客満足度UP!

美容室業界は人口減少と美容室増加により需給バランスが崩れ、飽和業界になったと言われています。
そんな中、「お客様に選ばれ続ける美容室」すなわち顧客満足度が高くリピート客が多いヘアーサロンを経営するためには、何を意識したら良いのでしょうか?
もちろん、原価をかけて多くのサービスを提供すればお客様の満足度は高まりますが、一方、サロンの経営は圧迫してしまいます。
大切なことは「そのサービスを提供するとお客様の満足度は高いが、あまり原価の高く無いもの」をご提供することと言えるでしょう。 

具体的には・・・
もっとも追加原価がかからず、かつ満足度が高いのが「マッサージ」です。
スマホの使いすぎで、慢性肩こりや眼精疲労を感じているお客様が多くいらっしゃいますが、なかなか時間をお金をかけてマッサージ専門店のドアを叩くというのには抵抗がありますよね。
でも、美容室に来た際に「ついでで、追加料金なく」マッサージをしてもらえるとなると、俄然お客様は喜ばれるのです。
この重要性を理解されずに、おざなりなマッサージや、シャンプー後に担当施術者が来るまでの間つなぎのマッサージをしてしまうと、お客様の満足度は下がってしまいます。
マッサージは薬剤も使いませんので、人件費のみで提供できるサービスで、経営的な視点でも優秀なサービスと言えます。

満足度が高くて、低コストのサービスをご提供

次に満足度が上げられやすいのが「炭酸シャンプー」です。
昨今、炭酸の効能が多くの場で語られ始めました。メディアでも特集が組まれているため、エンドユーザーの認知度も高まっていると思われます。
炭酸を飲んだり、お風呂に入れたりすることが体に良いとされていますが、炭酸でシャンプーをすることが、頭皮の汚れを落とし、血行を促進し、なによりもシュワシュワして気持ちが良い、と喜ばれるのです。
こちらは多少原価がかかりますが、たかだか1人につき数十円です。少しでもコストダウンされたい場合は、ディーラーから炭酸シャンプーセットを購入するのではなく、自前で炭酸ボンベを仕入れ、シャワー水栓に組み込む、という少々の荒技もあります。 

もちろん、これ以外に「冷シボ・熱シボ提供(夏は冷たいおしぼり、冬は熱いおしぼり)を提供し、首すじを拭いて貰う」「フットバスを用意して、髪の施術中に足温浴をしてもらう」など、ほとんど原価がかからないが顧客満足度を高められる施策はいくらでもあります。
せっかくこれらの無料サービスをご提供する際には、お客様から「気持ちいい」「嬉しい」「ありがたい」などの言葉を発していただけるように、しっかりと「気持ちいいですか?」などとお聞きしましょう。
お客様も心の中で感じているだけでなく、「気持ちいい」と声に出して言うことで、その無料サービスのありがたみを再認識してくださる、すなわち満足度が高まっていきますので。 

あなたのサロンにおいて、どのタイミングでどの無料サービスを提供すればお客様に喜んでいただける可能性が高いかを、ぜひサロンスタッフで議論してみてくださいね。
お客様に「無料であったら嬉しいサービス」のアンケートを取ってしまうのも手だと思いますよ。
ちなみに、とある美容室でお客様にアンケートを取った結果、最も人気が高かったサービスは、男性がカット後、お流しシャンプーが終わった際の熱シボによる顔ふきタオル提供と、その後数分間のマッサージ。女性はヘッドマッサージとハンドマッサージだったそうです。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ