サロン店経営のヒント

集客をしたい
美容室のお客様は「予約が面倒くさい」と感じている

美容室に行くとキレイになれるから心も弾むはずなのに、なぜかなかなか予約をしない人がいます。そんなお客様は、実は「美容室の予約をするのは非常に面倒くさい」と感じられています。WEB予約を受け付けていない美容室で予約をしようとすると、開店時間内に、自分の携帯から時間をかけて予約電話をせざるを得なくなります。お仕事をしている方は、貴重なお昼休みに時間を取られるのは嫌だし、かといって仕事が終わってからでは予約の時間に間に合わないし…などと、ついつい次の美容室を予約するのが億劫になってしまいます。携帯の通話代がかかってしまうのもマイナスポイントですね。

さらに、ほとんどの美容室が、「電話予約をしてきてくださったお客様に対する応対トレーニング」をしっかりとしていないために、普段色々なお店の丁寧な接客を受け慣れている若い女性にとっては、「なんか感じが悪い」と思われてしまうことが多いのです。美容室経営者の方は、試しに覆面で自店に予約電話をかけてみてください。マニュアル通りの、決して気持ちの良くない対応をされてしまうでしょう。というのは、なぜか美容室の予約電話応対は、来店希望日時、指名の施術者とコースを聞いた後に、やっとお客様のお名前をお聞きする、というスクリプト(電話の流れ)が一般的になってしまっているからです。これは丁寧な接客を受けることが当然になっている一般のお客様にとって、あまり気持ちが良いものとは言えません。まずは電話を受ける美容室側が店名と個人名をしっかりと名乗って電話に出て、最初に「電話をかけてきてくださった方がどなたなのか?」を確認した上で、来店希望日時などをお聞きするようにしていきましょう。もし応対したスタッフがお客様のことを覚えていれば、多少アイスブレーキング(予約とは関係の無い話で仲良くする)話ができるため、事務的に予約電話を受けるよりも印象がぐっと良くなるはずです。美容室に関する口コミサイトなどを見てみると、「予約電話は緊張するから嫌だ」とのコメントがびっくりするくらい多くあります。その緊張をほぐしてあげることも、美容室側の仕事ですよね。

WEB予約ができることのメリットとは?

では、美容室への電話予約が面倒くさいと思っているお客様への対策はどのようにしたら良いでしょうか?結論としては、WEBによる予約ができるようにすべきです。お客様が自宅に帰って寝る前にゆっくりしている時間帯や、お昼ご飯を食べながらスマホをいじっている時などに、「そういえばそろそろ美容室に行ってカラーのリタッチと前髪カットでもしてもらおうかな?」と思いつくことが多くあります。まさにその瞬間に、スマホかパソコンから美容室の予約をしてもらえるようにすることこそが、集客と売上アップにつながるのです。

美容室のWEB予約ができるようになれば、お客様は
①24時間いつでも予約ができるので、自分のペースで予約することが可能
②電話をして美容室の人と話さなくても済む
③電話代がかからないで済む
④ポイントやクーポンなどがゲットできる
などのメリットを得られます。
また、案外「前回美容室に行ったのはいつだったかな?」「担当してくれた美容師さんは何て人だったかな?」などをお客様が思い出せないことが多い中で、WEB予約の履歴をみることで簡単に思い出せるというメリットもあります。

美容室にとっても
①電話応対に時間を取られずに済む
②同日同時刻にお客様が来店してしまうダブルブッキングの危険性が減る
③お客様の来店記録や施術メニューが記録されているので、後で参照できる
などのメリットがあります。レジと連動しているWEB予約システムの場合は、自動で料金計算までしてくれるため、お会計もスムーズになります。

実は、WEB予約された時間帯を調べてみると圧倒的に「夜中」や「営業時間外」が多くなります。それだけ、お客様は「自分の好きな時に、人としゃべらずに美容室を予約したい」というニーズが多いということです。まだ電話でしか予約受付ができない美容室のオーナーは、WEB予約システム導入を検討してみることで、売上を伸ばせるかもしれませんね。

予約システムを使って業務効率化を実現しているサロンの事例はこちら

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ