サロン店経営のヒント

販促・キャンペーン
成人式関連の売上アップは「当日以外」の対応がカギ

成人式はまとまった売上を確保するチャンス

美容室として、成人式の着付けやメイク、髪のセットは、まとまった売上を確保する大きなチャンスと言えます。一方、残念ながら多くの美容室では、この需要喚起をあまりせず、「来られたお客様にだけ対応している」というところが多いようです。
今日は、美容室の売上アップが期待できる「成人式対応」のポイントを3つの視点で見てみましょう。

ポイント1.「成人の日」当日だけを狙わない

多くの美容室では、成人の日当日だけ、スタッフが朝早くからサロンに集まり、お客様の着付けやメイク、髪のセットに対応しています。でも、これではさばけるお客様の量=売上の上限を自ら決めてしまっているようなもので、伸び代がありません。想像してみてください。お子様の七五三や、結婚式には「前撮り」といって、写真を事前(式当日以前のタイミング)に撮影することが普通に行われています。七五三や結婚式当日はバタバタしてしまい、ゆっくりと写真が撮れないから、事前に時間をかけてセットをして、スタジオで良い写真を撮ろう、というものです。

美容室でも近隣の着物屋や写真スタジオと提携し、「成人式同様のメイクと髪のセットをして前撮りをしよう」というプランを作ってみましょう。お客様の時間に余裕があるタイミングで「どんな髪型にしたいか、メイクはどんな感じが良いか」などをじっくりと打ち合わせをした上でセットしていきます。成人式当日と違い、バタバタしていないため、施術に時間をかけることができますから、お客様の好みに近づけていくことができます。日常と違う雰囲気を出すために、メイクは少し濃いめにしてあげて、髪もトップにしっかりとボリュームを出してあげると、若い女性は「非日常」を喜んでくださいます。

最近は、成人式当日は式と参拝だけを行い、前撮りにお金をかけてくださるお客様が多くなってきました。ぜひ近隣の写真スタジオなどとタッグを組み、「前撮りパック」を提供することで、よりお客様に喜んでいただきましょう。

ポイント2.「口コミ」を積極的に促していく

前撮りをして喜んでくださったお客様は、ほぼ間違いなくその写真をTwitter、Facebook、Instagramにアップされるでしょう。「こんなに髪を盛ったの初めてだけど、結構いけてない?」などの投稿をされる際に、美容室にチェックインをしてもらったり、美容室名のハッシュタグをつけて投稿してもらうことで、「そのお客様の周りの方」に訴求することができます。編みこみカチューシャでガーリーに仕上げたり、お団子でトップを大き目に盛ったり、サイドアップの巻き髪で華やかさを演出したりするなど、スタイリストこだわりの「作品」のポイントをお客様にしっかりと伝え、SNSにアップしてもらうことで、その投稿を見たお友達が「私もこの美容室でメイクと髪をお願いしたい!」とご来店いただけることが期待できます。

もちろん、「予約する時に私の友達だって言えば飾り用生花の特典をつけてくれるって!」などとお友達が魅力に感じてくれるオファー(特典)をつけるべきでしょう。さらに、お客様のお知り合いが口コミで5名予約をしてくれたら成人式当日のセットアップは無料、10名ご予約で成人式用ネイルも無料にするなど、仕上がりに満足してくださっているお客様が積極的に自分の写真をSNSにアップしてくれるようなご提案をすることも大事です。

「一生に一度」の成人式、特に若い女性は失敗したくない、誰からもカワイイと言われたい、という思いが強くなります。「この美容室は自分が当日着る着物の写真を持っていくと、そのイメージに合った髪型や髪飾り、ネイルのデザインまで全てトータルでコーディネートしてくれる」など、なぜこの美容室を自分が選んだのか、ということを改めて認識してもらい、お友達に伝えてもらうようにしましょう。

ポイント3.「贈り物」として美容室を活用してもらう

例えば親族が成人式を迎える際に、結構悩んでしまうのが「贈り物を何にするか」という点です。美容室にご来店される主婦の中には「近所に住んでいる姪っ子が来年成人式を迎える」という方も多くいらっしゃるでしょう。そんな方たちに、「成人式のお祝いに、当美容室でのセットアップをプレゼントされるのはいかがでしょうか?最近はモノ=物ではなく、コト=体験の贈り物が喜ばれるようですよ」などと店内POPで告知をしておけば、ご両親がお子さんのために美容室代を出すよりも1ランク、2ランク上のコースを選んでいただけるかもしれません。

着物、メイク、髪のセット、ネイル、写真撮影などをセットにしたフルパッケージから、髪のセットだけのミニマムパッケージまで、いくつかのラインナップを用意しておき、「贈り物」として美容室を利用してもらえるようにしましょう。敢えて「目録」として上記パッケージ内容が丁寧に書かれた「プレゼント用の小さなデザインボックス」を用意しておき、「物」としてもプレゼントしていただけるような工夫をすれば、きっと売上を伸ばしていけるものと思われます。

サロン経営に役立つ資料を無料ダウンロード

美容院、ネイルサロンなどを経営されている方、これから独立をお考えの方に向けて、様々な参考資料を無料で提供しております。

ページの先頭へ