HOME ー 製品特長[人間中心設計]

製品特長

人間中心設計

用途提案

導入事例

端末管理ツール(オプション)

ご検討の皆様からの
よくある質問と答え

 

製品特長[人間中心設計]

入力しやすいキー形状

キーの形状やサイズ、ピッチを変えたサンプルで実際に操作を行い、入力しやすさを比較検証。被験者の操作感をデータ化し、改善を繰り返すことで、快適かつ確実に入力できるキー設計を実現しました。

スムーズな入力が可能なキーレイアウト

限られたスペースの中で、キーのサイズを極力大きくするとともに、キーの上下左右に十分なスペースを確保。隣接するキーの同時押しや誤操作防止に効果的なキーレイアウトを実現。

▲形状、レイアウトを最適化したキーボード

軍手着用時でも確実に入力できるキートップ形状

キートップに丸みを帯びた形状を施すことで、個々のキーの認識性を向上。軍手着用時でも、狙ったキーを確実に押すことができ、連続入力時にも指を滑らかに移動することが可能。

▲丸みを帯びたキートップ形状

ブラインド操作に効果的な突起形状

ホームポジションとなる[5]キーの天面に突起を設け、ブラインド操作時などの誤入力を防止。そのつど手元を見ることなく、すばやく確実な入力をサポートします。

前のページヘ
   
最初のページへ
ページの先頭へ